RPG

トレジャーハンターダンジョンファイト – ダイナスティウォーズ 紹介記事

おはようございますNaoです。

今回はトレジャーハンターダンジョンファイト – ダイナスティウォーズの紹介をしようと思います。

剣と魔法の3DアクションRPG!

トレジャーハンターダンジョンファイト – ダイナスティウォーズ(Treasure Hunter: Dungeon Fight)は、

PS1っぽいローポリゴンが懐かしい3DダンジョンアクションRPGです。

プレイヤーは仮想パッドを使い、騎士・バイキング・少女の3キャラから1人を選び、

攻撃・ダッシュ・ガード・魔法を使いこなし、深淵なダンジョンに挑む。

あの頃無数にあったアクションRPGのような雰囲気が漂い、懐かしい気持ちになります。

3Dの広大なダンジョンとモンスター達

トレジャーハンターダンジョンファイト - ダイナスティウォーズ

剣・魔法・モンスター。いわゆる王道ファンタジーを見下ろし型のアクションRPGとして楽しめます。

バトルを繰り返すハクスラ系とも言う。広大なダンジョンの中、矢印を頼りにゴールを探す迷宮探索要素もあり。

なんというか「トバルNo.1」や「エアガイツ」のクエストモードのような、

今じゃ中古ショップで売られているPS1の名もなきアドベンチャーのような、そんなノスタルジーをそそるゲームです。

トレジャーハンターダンジョンファイト – ダイナスティウォーズの特徴は深淵にも似た広大なダンジョン

プレイステーション1やセガサターン時代のローポリゴン感。今となっては「ドット絵」と同じくらい、

一部の…それもおっさんの郷愁をそそるグラフィックが本作の特徴だ。

事実、超美麗なグラフィックと違った、時に不気味に、だからこそ、想像力を刺激するような妙な魅力がある。

こういう3Dアクション、たくさんあったなーという気持ちにさせられた。

広大なダンジョンと無骨なモンスターたち

仲間もいない。ストーリーもなければ、ステータスもなく、アイテムや育成要素もない(日本語対訳もいらないほどだ)。

淡々とモンスターと撃退し迷宮を進むこのストイックさ。本作のハクスラ要素には徹底した「孤独」がある。

まるで虚無へと続いているかのような、終わりなき深淵を探索するダンジョン系RPG。ウィザードリィから続く、ダンジョンの「闇」を強く感じる作品だった。

ゲームの流れ

トレジャーハンターダンジョンファイト - ダイナスティウォーズ

バランス型、パワー型、スピード型みたいな3人のキャラから選べ!

ぶっちゃけどいつもそこまで性能差はありません!大きく違うのはスキルのみ。

 

トレジャーハンターダンジョンファイト - ダイナスティウォーズ

マジで1ステージが広大。そして更にステージ数も膨大。

まるで地球の裏側へ、あるいは別の時空へとつながっているようなダンジョンです。

 

トレジャーハンターダンジョンファイト - ダイナスティウォーズ

凶悪なモンスター達がひしめくダンジョン。回復アイテム?武器?育成要素?

そんなものはない。君の両手のスキルと戦略だけが生死を決する。

 

トレジャーハンターダンジョンファイト - ダイナスティウォーズ

女の子キャラ「シーフ」が雷を発射しているところです。

スキルの範囲的にはこれが一番使いやすいかも。見た目も一番好きです。

 

トレジャーハンターダンジョンファイト - ダイナスティウォーズ

画面左上の矢印を目安にダンジョンを探索。

このダンジョンの宝箱を見つけるとステージクリアとなる。

「apple store アイコン」の画像検索結果クリックすると新しいウィンドウで開きます

関連記事

  1. NARUTO X BORUTO 忍者BORUTAGE(忍ボル) …
  2. グランドサマナーズ(グラサマ)
  3. アイドルソルジャー(Idle Soldier)紹介記事
  4. ジャンプチ ヒーローズ  紹介記事
  5. マフィア・シティ-極道風雲  紹介記事
  6. グランブルーファンタジー(グラブル) 紹介記事
  7. パワプロアプリ 紹介記事
  8. ソードアート・オンライン インテグラル・ファクター(SAOIF)…
PAGE TOP